要介護認定

杖歩行で要支援1、それでも母は、入浴も含めた自立生活を諦めてはいなかった。

しかし、骨折以前と同じである筈がなく、買い物から家事全般までが父の担当に。

地域包括支援センターのケアマネージャーが担当になり、週に一度、室内清掃の

ためのヘルパー訪問が始まった。

 

当面のリハビリについては、自力の歩行訓練や体操で脚力の回復を目指すとし、

天候の穏やかな折には、自宅近くの神社境内を歩くことが日課になっていった。

取り組んではみたものの退院より丸1年、母の左足は以前の太さには戻らない。

用心していても出先や室内でまた転んでしまい、回復は思うよう進まなかった。

 

「歩き出そうとする際に、特に最初の一歩目が踏み出しにくい時がある」と訴える母は、

「パーキンソ病ではないか?」とケアマネージャーからの指摘を受け、地元総合病院の

神経内科を受診したところ、やはり、その兆候があり<パーキンソン症候群>との診断。

脳内に不足している神経伝達物質ドパミンを補う<メネシット>という薬が処方された。

とりあえず、毎食後半錠。一日1・5錠で、その効果の様子を観ることに。

 

それを受け、平成24年9月、介護認定の区分変更が届けられ、支援1から一気に3段階上がり、

要介護区分2となった。地域包括支援センターのケアマネージャーが要支援者の担当につく場合、

「要介護」と変更された時点で民間事業所に担当を引き継ぐ決まりがあると、その時に告げられ、

選定を迫られることに。初めて見る名前ばかりが列挙された事業所一覧から、一つを選べと言う。

 

判断がつかず「どこか推薦して欲しい」とケアマネージャーに頼むと、設立から約20年、

市内に6支所の居宅介護支援を置く社会福祉法人を紹介され、<副主任>との肩書を持つ

地元支所のベテランケアマネージャーが派遣されてきた。

 

年齢は60前後といったところか。物腰の柔らかい、ふっくらとした体型の女性だったが、

銀縁の眼鏡を掛け、少し高めの声で話す様子からは生真面目そうな人となりが感じられた。

これまでの地域包括のケアマネージャーは立場上、市役所の職員で公務員ということなる。

ざっくばらんで、およそ役人らしからぬ前任と比べ、新担当は対照的な印象だった。

 

<メネシット>の服用で、踏み出しにくさについては、確かに改善の効果があるように思われたが、

つまづきや転倒の克服については、やはり、地道な筋力回復に取り組んでいくしかないようだった。

 

       梅雨湿めり梯子達磨は傷だらけ