住宅改修計画

要支援1でも杖が手放せない身体事情となるとベッドが必須となってくるが、退院当初、

母はベッドを使用していなかった。母の居室は約一間、180cm幅の畳敷き縦長6畳。

ベッドなんぞ搬入してしまうと、立ち回りが悪くなるというのが理由だ。

 

そこでとりあえず、立ち上がり補助の手擦りを借り、以前と同じ生活を目指すとなった。

だが、勝手知ったる家だからこそ、つい油断して骨折前と同じ感覚で動いてしまうのか、

敷居やじゅうたんの縁につまずいたり、おろそかな杖の扱いでバランスを崩し、簡単に

尻餅をついてしまったりする。

 

危険は屋外より、むしろ室内にあるように思え、やはり、レンタルのベッド使用が始まった。

また、その介護用品を扱う業者は住宅改修も手掛けていて、玄関上り口の踏み台と手摺りの

取り付けを行い、介護保険を利用しての住宅改修の見積りも依頼することになった。

 

計画は介護ベッドが必要になった時の備えとして、居室の畳3畳分をフローリング貼りへと変更。

更に、室内での車椅子移動に備え、母の居室、茶の間、トイレまでをバリアフリー化するための

床高調整・フローリングの重ね貼り。そして、通じる部屋の扉を引き戸に変更する、というもの。

  

改修案は手間も金額もかなり大掛かりなもので、当初は話を聞くだけで終わっていたが、

<パーキンソン症候群>の診断と要介護2の区分変更が計画を実行に移す起点になった。

 

改修案については、門扉から玄関ポーチの間が飛び石敷きで、車いすの移動ができない

状態にあるが、その対策が入っていないことや、ポータブルトイレをベッド脇に置いた

場合、一間幅の部屋一杯に用具が場所をとり、人の移動に難が出ないか、などの指摘が

ケアマネージャーから入れられた。

 

当初案は「とりあえず」と依頼した見積もりで、特に、こだわりがあったわけではない。だが、

<飛び石>対策は、業者に依頼しなくても日曜大工でやれる仕事であり、ポータブルトイレは

ベッドわきに置かなくても、ベッドの真後ろ・縦列に置いてもよい筈と考え、返答してみると

「ならば、そうしますか」と案が通って行ってしまった。

 

間もなく実際に、ベッドに対しポータブルトイレを縦列置きにし、使用を始めることになる。

そこでようやく、足腰の効かなくなった人間をベッドの後ろまで移動させることが、どれ程

大儀なことかを知ることになり、この用具はベッド横に設置しなければ、意味のないものと

気づくことになる。

 

そして、この一間幅の縦長6畳は、そもそも、介護部屋としては使えない間取りだったと悟り、

せっかくの改装部屋も放棄せざるを得ず、母の居室を玄関脇客間へと移すことになってしまう。

その見積もりの上げ直しが10月、24年師走はそんな工事に翻弄されることになっていった。

 

     露地奥にまた露地がありはやり風邪