肉離れ

茶の間フローリングの全面重ね貼り、家具と荷物の整理は想像以上の作業量で、

辺りは足の踏み場もない状態と化す。そんな折、母に知人からの電話が入った。

夕食も済ませ、そろそろ床に就こうか、という頃合いだった。

 

「すぐ近くまで来ている、これから少し会えないか?」と待つ間もなくやって来た知人に、

慌て応対することになった母はベッドに戻る時には、足に違和感を感じていて、翌朝には

身動き一つとれない状態に陥ってしまう。私は再び「すぐに来い」と、父から連絡を受け、

駆けつけることに。

 

痛めたのは骨折した左ではなく右足で、その痛がり方は今回の方が強いように思えた。

全身を硬直させ、目は宙を泳ぎ、肩で息をしている。着替えのために体を起こしたり、

体勢を変えようとして、ごく僅かでも足に可動が及ぶと、悲鳴を上げて猛烈に痛がる。

全くどうすることも出来ず、やはり救急隊を呼ぶしかなかった。

 

搬送された救急救命室での決められた検査の後、担当の医師からは、

「肉離れの可能性があるが、骨に異常がないので今日は帰宅してもらいます」と、そして、

「当面の痛み止めを処方する、以後の治療は改めて整形科の受診で判断を仰ぐように」と。

それに対し「この状態ではとても家で介助できない、とりあえず入院させて頂きたい」と、

いくら頼み込んでも「骨には異常ないから」と聞き入れられず、結局、連れて帰ることに。

 

翌日、地元の整形医に往診を依頼したところ、やはり肉離れであろうと。回復は若い人でも

数か月掛かることもあり、高齢なので更に時間が必要かもしれない。自然に痛みが引くのを

待つしかない、との診断。骨折から1年10か月。手術した左足の太さは右足の半分のまま。

無意識に左を庇ううちに、負担が右足に蓄積し、急な来客応対で遂に限界を超えてしまった、

そんな顛末だった。

 

<パーキンソン症候群>との診断で介護認定の区分変更を届け出、3か月、この母の肉離れが、

<親の介護>という否応ない現実に私を引きずり込んでいくことになるのだが、この時の私は、

痛みに悶える母を目の前に、そんな実感もなにもなく、ただ、うろたえているだけだった。

 

     サンダーバード素っ跳ぶ雪の無人駅