手探り介護模様

耳が遠くなってしまった父に足か不自由な母。パーキンソン病、などという話まで出て、

実家は明らかに<家>としての機能か麻痺し、維持できなくなっていた。その認識の下、

両親にとっての安全な生活環境を整えることが、先ずもっての自分の役割になった訳だ。

だが結局、私はその責任を果たすことが出来なかった。

 

私は親との関係がどこか煩わしく、どの局面でも同居という形だけは避けて対応を考えてきた。

『そんな自分の往生際の悪さも、この結果の要因となったのだ』そう思わずにいられなかった。

 

・食事の支度

・給水・食事の介助

・オムツ交換 

・着替え介助  

・トイレ介助 

・蒸しタオルで体を拭く

・床擦れ防止の体位調整(体ほぐし)

 

介護となれば当たり前のことばかりだが、突然の母親の身体介助に戸惑いを感じた。

初めてアルバイトを体験した時のように、どうにも要領を得ず右往左往としていた。

 

最も難儀だったのがベッドから出る動作だった。

どうしも右足の可動に影響が及び「痛いっ!」と絞り出す悲鳴と共に、渾身の力で

私の腕を握り絞める。余程耐え難いのか、一人でに涙が零れていることさえあった。

耳に刺さる悲痛な声は聞くに堪えず、慣れるということがなかった。

 

「痛み止めを追加して欲しい」とせがまれる。

安静にさえしていれば苦痛も小康状態で、薬の一時的な感覚麻痺が無理な動きに繋がり、

傷の悪化を招いてしまえば元も子もない。薬の服用は処方の範囲に止めようと説得した。

 

ベッドに座り、足湯をしているとケアマネージャーに言うと、訪問入浴をすすめられた。

浴槽を持ち込むため、隣室で寝起きする私の生活道具をいちいち整頓し直す必要が出る。

どうせ一日中張り付いているのだから、自分で入浴させられないものかと、やってみた。

 

ベッド上で出来る限り脱衣させ、浴室まで運ぶことになるが、

母は身長145㎝、骨折以前の体重45㎏と元々が小柄な上、

この時点で、体重が30㎏台半ばにまで落ち込んでいたこと。

実家の深い浴槽の縁と座椅子の座面を同じ高さにできたこと。

そこに座れば、少しの横移動で湯船に入ることが出来たこと。

これらの要素があって、自分一人での入浴介助が可能になり、

回を重ねる度に手順のコツも掴め、この形が続いていくことになる。 

母が転倒骨折で救急搬送されてから、1年10か月後のことだった。

 

      夜景から夜景へ架かる霧の橋