利用停止・通院開始

 体験利用から一週間、次の火曜日、母の右大腿部の違和感は相変わらずで、

「むしろ少し強くなっているかも、今日は休む」となり、欠席することに

「回復に手間取っているみたいで、無理をさせたくない

 再開で出来るようになれば、こちらから連絡を入れる」

 

それからも、母の右足は時計を巻き戻すかのようにじわじわと痛みが強まり、

その週末には立ち上がることにも苦痛が出始める程、状態は悪化していった。

ついには「どこか通いやすい整形を探して、連れて行って」と言い出す始末。

 

通いやすい整形…。

肉離れの時に往診を頼んだ医院はバリアフリーの設備も駐車場も整ってない。

総合病院は家から近いとはいえず、駐車場から診察室まで移動も手間が要る。

車から降りて直ぐに診察室に入れる設備が整っているところ、

待ち時間でも車内で横になって待っていられるようなところ、

そういう整形医院を探してくれ、と言うのである。

 

知人が紹介してくれた整形医院での初診は、体験利用日から二週間以上が経過してからとなった。

痛みは更に増していて、看護師の手助け無しには自力で診察台に寝ることが出来ない位であった。

 

「個人開業だが設備も整っていて、丁寧に看てくれる先生だ」そう聞いて決めた医院だった。

 確かに医学的な専門知識、骨密度やら骨粗鬆やら、新しい治療方法など説明は十分に丁寧だ。

 だが、次々繰り出される自分の話に比べ、こちらの話はそこまで丁寧には聞きいてくれない。

 効果的に治療に反映させて欲しくて話すのだが、どうも言葉が届いてないようで心もとない。

 

 レントゲン検査の結果、骨には異常なし。

 母は痛みが悪化し始めたデイセンターでの経緯を賢明に説明する。だが医師からは

「自分はその現場にいた訳ではないので、因果関係については何とも言えない」と。 

 

『交通事故に遭った場合と同じことだった』と思っていた。

 その場ですぐに怪我などなくても強い衝撃を受けたり、体のどこかに違和感があれば、

 日にちが経ってから症状が現れることもあるので、とにかく医師の診察を受けておく。

『そんなこと十分に知っていた筈なのに、回復傾向にうかれ、リハビリを再開し

 生活を戻すことに気持ちが先走って、母に対してはその教訓がいかせなかった』と。


 結局、退院後のリハビリはこのデイサービスの2回の通所で終了という顛末でした。

 

  浮雲にまた蜻蛉(かげろう)が乗りそこね