ケアマネージャーの役割

相談・苦情の窓口の担当者が施設の責任者。

利用者からの苦情対応の要請を独断で止めているのか…。

行政の認可のもと成り立つ通所介護事業、そんな判断あり得るだろうか…。 

本社に報告はしたものの「放っておけ」ということになっているのかも…。

 

母は揉み解しを受けたと確信を持っているし、自分の目にもそう映った。

一方、センター長は「行ってはいない」と主張した。

医者は「因果関係は自分には特定できない」と言う。

センターに誠意がないからと、闇雲に訴えても「やった、やらない」の

水掛け論が展開されるだけなら、それは短慮ということにしかならない。

一定の誠意のもと、検証会談を実行するには仲介者が必要だと思われた。

 

 こんな時こそケアマネージャーに動いてもらわなければならない。ということで、

「デイセンターには誠意がないと思われる、会談の仲介をお願いしたいのだけれど」(私)

「介護サービス利用のための手配・手続きを行うまでがケアマネージャーの役割で、

 立場上も中立が求められる、トラブルなど事後の話し合いは仕事の範囲ではない、

 会談は当事者同士でお願いします」(ケアマネ)

「自分の身体ケアも困難な要介護度の高い人がトラブルに見舞われたとしたら、

 頼れる身寄りがいない人、当事者間だけでは話がこじれると予想される場合、

 サポートが必要な状況もある筈、相談を受けることもあるのでは」(私)

「自分にとってこんなトラブルは初めてのことで、よくわからない」(ケアマネ)

「私の身に何かあった時は、誰が母の代理を引き継いでくれるのか」(私)

「支所に帰って過去の事例を調べてみる、センターには連絡を入れるように伝える」(ケアマネ)

 

 だが「支所には過去に起きたトラブルの記録などはなかった」ということで、

 最後の質問の答えも聞くことは出来なかった。この時にケアマネージャーが

 機能したのは、私達が連絡を待っていることをセンター長へ託ける伝言係りだけだった。

「本社に引き継ぎ直す」と返事を受けたということであったが、それで連絡が入ることはなかった。


『よもやケアマネージャーがここまで当てにならないとは、これでは先が思いやられる』

 迅速さが肝心の初動対応。しかし、その対応のための態勢を作ることに手間取っている。

 そんな状況でした。

 

  プードルのようなおばさん秋旱(あきひでり)