民生委員の役割

地区担当の民生委員Tさんと最初に会ったのが介護おむつ支給の申請を依頼した時、

平成25年はちょうど民生委員の3年任期が終了する年である。

 

Tさんは70過ぎ位の女性。

母の状態や介護の様子を聞きながら、自分も姑の介護の経験があるということ。

その時は支給制度どころか、紙おむつそのものがまだ普及していなかったなど、

Tさんの体験も話題に上った。

 

引退したくても、そうもいかないらしい。

次の引き受け手が見つからないとのこと。

「それほど、民生委員の仕事は煩雑で時間を割かれるのですよ」と。

例えば、万引きなどの軽犯罪で地元警察から急に身元引き受けを頼まれたり、

借金の相談、金は貸せないけれど話を聞いたりしていると半日位すぐ過ぎる。

学校の先生との交流会など必須の行事、講習会や研修などもあって…。

 

「御年も御年だし、無理なものは無理と断わられた方がよいのでは」と言う私に対して、

「もっと高齢でも引き受けている人もいる、誰かがやらなければならない事だから」と。

 

「民生委員は介護認定や生活保護など必要な行政サービスが受けられていない人を

 関連機関につなぐのが役割で、介護認定されていることが前提のおむつ申請など、

 本来ケアマネージャーの仕事では」と私。

「そういう話題はしょっちゅう出る、ケアマネージャーから介護関連の事後対応を

 丸投げされることもあって、憤慨する民生委員もいますよ」そんなこともあると。

『正に今回の自分達のケースがそうではないのか…』

 

 痛みが戻ってしまった母はまた動けなくなり、無念を訴えているというのに、

 ケアマネージャーはセンターとの対応や、リハビリの再開についてさえ、

 こちらから話を切り出さない限り、もはや自分から触れようとはしない。

「センターは連絡して来ない、完全に無視されている」と言ってみても、

「センター長に伝言をしておいた」と、その範囲の連絡を繰り返すだけ。

 それが11月末までに、計3回行われることになる。

 

『このケアマネージャーの事業所にトラブルの記録がないのは尤もなことだ』 

 これからのセンターとの交渉を想うと、苛立たしさと不安が増すばかりでした。

 

    もっともっと夕日が欲しい木守柿