母の無念

対談にあたって、私が母に念を押しておいたこと、

センター長の母への処置について固執しすぎてはいけない。

「揉んだ・揉まない」の水掛け論にしかならないからと、

そのことよりも、それ以降のセンターの対応を問う形で話を進めるべきだと。

 

そして、いざ蓋を空け話し出すと母は抑えていたものが噴き出すかのように

センター長の「評価」だとする説明に逐一反応し、全く予想通りの水掛け論。

 

結局はセンターの事後対応を問うのは私の役割となってしまう。

施設の責任者としてこの件に対しどう対処するべきと考えるか、との私の問いに、

医師の診断書の提出をもって賠償の手続きに入る用意があると。

 

それにしてもセンター長の携帯の振動音がよく鳴る。

センター長は着信を確認するだけで出ることはない。

掛けてきているのはやはり、門前払いの社長なのか。

センター長と私が二人だけで話をしているということが気が気ではないのだろう。

 

センター長においてはこれまでの認識も変更はなく、食い違っている本社との見解についても

「(本社が)何故このようなことを言っているのか解らない、自分に嘘はない」と言い切った。

その上で「社長とも直接話して欲しい」と言う。

 

本社会談は後日設定の約束だからと、日を改め立会人をつけたとしても、

その“後日”には、この発言をするセンター長を本社はもう同席させないかもしれない。

説明の食い違いを直接正すのは、この発言を聞いた今日がその機会なのかもしれない。

 

立会人はいないが二人が揃っている今日、本社との会談も済ませてしまうか、

センター長同席が不確定でも、予定通り後日設定にして立会人を準備するか、

そんなことを考えながらの対談の付添いであった。

 

利用後4か月以上経って、ようやく母は自分の無念を訴え、相手の主張も確認した。

「“評価”として(力の)感じ方・捉え方の違いがあった」という説明。

謝罪もない。未だに痛みも引かずリハビリ再開の目途もついていない。

それでも「保険会社に引き継ぐ」という言葉を受け「後の事はきちんと頼みますよ」

母はそう念を押し、矛を収めようとしているようだった。

 

「今日このまま社長とも話をさせてもらいたい」

車椅子の母を自室に戻し、私はセンター長にそう伝えました。

 

    女が釘を打って煮つまる新小豆

 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    第8回介護作文・フォトコンテスト事務局 (月曜日, 17 8月 2015 19:15)

    突然のご連絡にて失礼いたします。
    このたびはブログを拝見し、ご連絡させていただきました。

    私は、「第8回介護作文・フォトコンテスト事務局」を運営しております、
    角川アスキー総合研究所と申します。

    すでにこのコンテストをご存知でしたら申し訳ありません。

    ブログに書かれておりますエピソードや、
    経験、思いをこのコンテストに反映して頂きたく思い、ご連絡させていただきました。
    このコンテストは、「介護」に対する社会のイメージや理解を深めたい、
    そういった気持ちから開催しております。

    ●第8回介護作文・フォトコンテスト
    http://www.kaigo-contest.jp/

    ご投稿を心よりお待ちしております。

    既に、本コンテストにご応募いただいておりましたら、重複のご案内となりましたことを
    お詫び申し上げます。

    お問い合わせは下記事務局までお願いいたします。

    --------------------
    第8回介護作文・フォトコンテスト事務局
    TEL:03-5840-7937(平日・土・日・祝 10:00~17:00)
    Email:kaigo@lab-kadokawa.com
    URL:http://www.kaigo-contest.jp/

  • #2

    てんとうむし (金曜日, 11 9月 2015 23:50)

    >角川アスキー総合研究所 様
    案内を頂いておきながら、Reコメントもせず、
    締切も過ぎてしまい、失礼をしておりました。
    これからも「介護日誌」を静かに見守っていて頂けると幸いです。