社長対面

社長から会社の方針を伝えられるという形で始まった社長・センター長・私の三者会談。

強い力で揉まれたという母の訴え、診断・触診の類の“評価”であったというセンター長。  

「それでもセンター長とは、ここまでは認識が一致できている」と確認文書を見せても、

そもそもこの社長、双方の言い分を客観的に聴こうとする姿勢が根本的に欠落している。


「センター長の評価行為で利用者の身体に負担が掛かるなど考えられない、

 賠償の手続きには診断書にセンターの処置が原因との明記が必要になる」(社長)

「自分の責任については0とは言えないが、100とも言い切れないと思っている、

 手続きの中で保険会社に何か聞かれれば、ここで話した事はそのまま伝える」(センター長)

 

社長は現場を見ていたわけでも、立ち会っていたわけでもないのに、

母の主張には全く耳を貸さず、“評価”という前提でしか話をしない。

そして、診断書に因果関係の明記を求めてくる。

センター長も又、認めるのは責任の“可能性”までで過失を断定するまではいかない。

 

「自分は現場で観ていた訳ではない、原因については何とも言えない」という

立場の医師が診断書への因果関係の記載などに易々と応じるとは考えにくい。

まして利用日から4か月以上も経過してからの、そんな条件は不条理というほかない。

会談要請が無視され続け、役所への直訴がないとその方針が聞けなかったのは何故か。

 

それを確認しなければならない事態であったからこそ、立会人がいなくても

確実に二人揃っているこの日に予定を変更してまで社長と対面したのである。

 

「連絡を入れてもらうように伝え、待っていた」悪びれもせず自分の正当性を言う社長を前に、

「違う」と社長不在では断言していたセンター長も、口をつぐみ何も言わなくなってしまう。

「大切なことではないか、答えてもらいたい」と言う私に、社長もそのことを正すどころか、

「それは論点が違う、問題の解決にならない」と割って入り、逆に話を反らそうとしてくる。

『迅速かつ適切な苦情対応・誠意をもった協議』などの契約書の文言はこのセンターにとって、

もはや飾りというほかなく、センター長の発言の一貫性もここで崩れ始める。

「その時点で(本社から)どう言われていたかはわからない、憶えていない」

 

そこからの社長は早く切り上げて帰ろうとするだけ、

センター長は保険会社に引き継ぐからと、その場を収めようとするだけ、

協議の要請が無視され続けた理由については、結局煙に巻かれたままで、

全く陳腐な顛末で会談を終えることになってしまった。

 

『仲介人無しにこのセンターの誠意は引き出せない、最初に直感した通りであったが…

 今更それを確かめることに何の意味がある、この数か月奔走してきたのは何のためだったのか』

 要素が重なったこととはいえ、直前でブレたことへの自問と疲労感だけが虚しく残っていました。

 

    わが脳のような音する柚子湯の柚