ケアマネージャー交代

母の回復は遅々としたもので、肉離れの時よりも手間取っているようであった。

誰かが側についていなければならない状況が変わらずあり、介護の負担も続く。

 

リハビリを切り離して考えても、デイサービスは様々だし、

ショートステイなども活用すればよさそうなものであるが、

『また同じ事が起きれば…』そう思うと、やはり二の足を踏む。

何より体に痛みがあるためか、起床時間もまた不定期になって

決まった日程を組むこと自体にもまだ無理があった。

 

母が警戒なく体を触らせるのは、家族と気を許す医者位のもので

「初めて名前を聞くようなデイサービスなんて、もうまっぴら」

そんな風になってしまっていた。

 

ケアマネージャーはといえば、交渉の現状について自分から切り出すことはもう一切ない。

私とすれば、そこのところに不信感があり、もはや何かを相談しようという気になれない。

しかしセンターを紹介し手続きを行い、経緯を直に見てきた唯一の人間となると、

交渉が決着するまでは担当を替える訳にもいかない。そんな行き詰まりもあった。

もっとも不信感ということになると、介護制度そのものにもある。

 

センターとの仲介や立会のことで、制度上見当たる限りの窓口に問い合わせてきたが、

この相談を自分の役割として聴き、対応しようとする人間は誰一人としていなかった。

その度に「責任はないのか」と食い下がらなければならないことにストレスを感じた。

 

『下らない時間を過ごしている、いい加減早く終わらせたい』

 社長会談の時も、そんな辟易する気持ちが抑えられずにいた。

 雑になっていく自分が修正できず、詰にも甘さが出て自責の要素ばかりが増すことになっていった。

 

 そんな折にケアマネージャーから「別の支所に移動になった」と報告が来た。

 市内6か所に支所を持つ事業所、数年に一度は移動の辞令が出るということ。

 言葉を失いかけたのはこの次である。

「この際、うちは辞めて別の事業所に変えて頂いたらどうでしょうか」

 

こんなトラブルを抱えている私達は事業所にとっても迷惑な存在でしかないということか。

よもや事業所の方から担当を降りたいと言われるとは、これもまた予想外のことであった。

 

「センターとはまだ交渉中で、別の事業所を探す余裕などはない

 交渉が決着するまではそちらに担当をお願いしていくつもりだ

 これまでの経緯説明に手間を掛けなくても済むように

 後任を決め、引き継ぎを完了させておいてもらいたい」

 

年度変わりの4月になる。最初にセンターに会談の要請を入れてから半年が過ぎていた。

 

     発つ雁にもの言うてただ半端なる