ケアマネージャー交代

の回復は遅々としたもので、依然として、生活全般に介助の必要な状況が続いていた。

そんな家族の負担軽減のため、ショートステイも含め、デイサービスも様々ある訳だが、

足に痛みが戻った母は「初めて名前を聞くようなデイサービスなんて、もうまっぴら」と

すっかり怖気づいてしまっているし、警戒なく体を触らせるのは、家族と担当の医者くらいで、

起床時刻もまた不定期となった現状では、そもそも、決まった日程を組める状況でもなかった。 

 

デイセンターとの交渉にあたっては、仲介を求め「責任はないのか」と食い下がりながら、

見当たる限りの窓口に問い合わせを続けてきたのだが、この相談を自分の役割として聴き、

対応しようとする人間は誰一人いない。デイセンターとの交渉以前に私の不信感と諸々の

ストレスも積もる一方となっている。

 

一方、ケアマネージャーはといえば、交渉の錯綜ぶりを後目にも、もはや自分から

それを話題にしようとすらしない。私とすれば、そこのところに不信の根源があり、

こちらから相談事を持ち掛けようとする気持ちなど、すっかり萎えてしまっている。

しかし、一連の経緯を直に見てきた唯一の関係者がこのケアマネージャーとなってくると、

交渉が決着するまでは担当を替える訳にはいかない、そんな行き詰まりが変わらずあった。

 

そんな折、そのケアマネージャーから「別の支所に移動になった」と報告が来た。

市内6か所に支所を持つ事業所、数年に一度は移動の辞令が出るということだが、

言葉を失いかけたのは、この次だった。

「この際は、うちを辞めて別の事業所に変えて頂いたらどうでしょうか」などと。

 

このようなトラブルを抱えた利用者は、事業所にとっても迷惑な存在でしかなく、

同僚に後任を引き継がせたくはないということか。このデイセンターには、今尚、

担当する利用者を紹介することもあるだろうに、事の顛末を確かめておこうとは

思わないのか、と私はただ唖然とするばかり。

 

「デイセンターとは今も交渉中で、別の事業所を探す余裕はない。決着まではそちらに

 担当をお願いしていくつもりだ。これまでの経緯説明に手間を掛けなくても済むよう、

 後任を決め、引き継ぎを完了させておいてもらいたい」この支援事業所との関係に、

もう今更、気遣いの必要もないと、私はケアマネージャーからのこの提案を一蹴した。

 

      発つ雁にもの言うてただ半端なる