医療調査同意書

4月に入り、医療調査のための同意書が送付されてきた。

発送主は損保会社で「代理人からの指示のため」とある。この件は、その代理人から

事前通告を受けており、損保会社が直接、医院に出向き治療の経緯を確認するようだ。

こちらも傷害を負ったとして苦情を申し立てる以上、医療調査もやぶさかではないが、

それが話のすり替えにより必要性の生じた調査となると、そうはすんなりといかない。

 

問題にしているのは通所初日の体験日に受けた処置であって、二日後、本利用を開始した時には

状態悪化の兆しが出始めていたとセンター長から同意を取り付け、それを前提に話を進めてきた。

しかし、センターは代理人を立て、これまで認めてきたことも全て取り消し、

「本利用日にも、格段変わった様子はなかった。全く非はない」と主張する。

そして、提出した診断書では体験日以降の傷害の状況把握が不足だと、調査を要求しているのだ。 

 

通所介護のデイサービスとはいえ、理学療法士が管理責任を務めるリハビリセンター。

信用して処置を任せ、証言を得た。それを自分達自身が記した連絡帳の記述とも矛盾する話で、

いともアッサリ合意を破棄し、事実は正規医療機関への調査で確認させろとは、医療人として

風上にも置けない者ども。これ程、人を馬鹿にしたようなことがあるか。

 

医療調査の拒否は交渉の終了を意味する。だが、同意したところで、状態悪化が体験日直後から

始まっていたとの確認に至らなければ、どの道、訴えは退けられることになる。センター長との

合意を反故にされた上での調査などは、彼に非がなかったことへの理由付けにされるだけなのだ。

 

事態を好転させるには、センター長が翻してしまった見解をもう一度元に戻させるしかない。

だが、弁護士を介した発言を覆すなどは「自分は嘘を吐いていました」と認めるようなもの。

容易く期待できることではない。だが人のすること、その未来に<絶対>というものはない。

今直ちに適当な方策がなくても、今後、センター長に発言を修正させる思いがけない展開が

<絶対>にないとは言い切れない…。

 

その場の雰囲気に押し切られ、消化不良のまま終えてしまった対本社会談が思い返される。

ここまで翻弄し尽くされ、その上、ただ言われるがままの手続きに従ってなどいられない。

可能性の如何に関わらず、自分で考え、やれると思ったことを全てやり切り、事を終える。

それ以外に、この状況の端緒を掴む手段はなかろうと思われた。

 

      青芝に起てばよろけて流人めく