利用再開申し込み

 私から介護計画の作成を依頼された新センター長。

「このセンターでの利用は一旦終了したものと聞かされているのですが」と。

 

契約書の[契約の終了]の項には、

[利用者からの契約の解除は文書の通知をもって成立する]とあって、

[事業者からの契約の解除も文書の通知をもって成立する]ともある。

センター長の処置が原因で傷害を負ったとして苦情を申し立て、

文書で意見交換は行ったが、契約を終えるといった話ではない。

 

だが新センター長はというと、

「契約の終了の項目は、利用者から終了を申し出る場合の手続きが書かれているもので、

 事業者側からの契約解除についてではない」などと。やはり一筋縄ではいかない模様。

 


 

料金精算の連絡放置に続き、おぼつかない契約内容の講釈。対応を受ける相手次第では、

この時点で不興を買い、収集のつかない事態に陥ったとしても何ら不思議のない状況だ。

だが、この新センター長はというと正に立て板に水、悪びれた様子は微塵もない。

 

契約は現在も有効であることを我慢強く説得し、ようやく

「全てはケアマネージャーを通じて手続きをしてもらいたい」と返事を引き出すことに成功した。

[利用者の日常生活全般の状況・希望に沿い、通所介護計画を作成し利用者と家族の同意を得る]

との条項に則り「現在の母の体力に沿った計画の作成をお願いしたい」と改めて要望したのだが、

「現在は定員が一杯に埋まっており、申し込みがあっても待機が必要な状況で…」と返してきた。

 

新センター長には一連の事情を理解させ、前センター長との面会の手筈を整えるよう説得をする。

納得させるには一定の会談時間が必要になる。介護計画の作成は、そのうってつけの名目であり、

正に契約内容に則った依頼となれば、本社も拒否できないはずだが、これほどに手順が込み入り、

しかも、この最初の段階で手間取っているようでは先行きなど読みようもない。

 

「待機があっても構わない、ケアマネージャーを通じ利用再開を申し込み、順番を待つ」と伝え、

私は通話を終えた。

 

     ころがせば蟻の玉から盆の菓子