決行の顛末

自分が責任者の任に就いた施設でその前年、弁護士が代理に立って交渉する程のトラブルがあった。

その利用者家族が自分達の立場からの主張も聞いておいて欲しいと、記録物を持って目の前にいる。

 

契約解除といっても手続き自体まだこれからで、民生委員が横でずっと経緯を見ている。

今後、この地域の老人相手にリハビリセンターの施設責任者を務めていく立場となれば、

自分が指定・約束した時間にやって来た利用者家族を無下にあしらうことは出来ない筈、

そう思っていたのだが…。

 

この若いセンター長は横にいる民生委員にどう思われようと、私を追い返すことが

自分の役割だと確信を持っているのか、間口に立ちはだかったまま私達を見下ろし、

「何かの記録物を置いていかれても自分は見ないし、ただ代理人に渡すだけだ」とにべもない。

  


 

そんな新センター長の人となりに、言いようのない違和感を感じていた。

天の霹靂の契約解除宣告で頭に血が昇っていたし、実際に通知文書が

発送されてしまうと、センターと接点を持つこと自体が更に困難になる。 

『今日は何としても、手ぶらでは帰らない』と心中決するものがあった。

だが、その決意にも迷いが出てくる。

 

この若者に対して何を言っても所詮、暖簾に腕押し、糠に釘。

懐柔して前センター長への取次ぎの手配を計らせるなど、やはり絵に描いた餅。

血気に逸り無暗に記録を見せても、結局素通りして代理人に渡されてしまえば、

ただ、こちらの手の内を無駄に晒して終わるだけでは…。

 

新センター長と向き合ったまま、どれ程の間そんなことを考えていただろうか。

私達に「不信行為を行う利用者」とのレッテルを貼り、不利益な邪魔者として

排除にかかるセンターへの抑え切れない憤りを、とにかく発散させたい衝動と

『今、それをしても何も得るものはない』と冷静に状況を見つめる自分との葛藤が始まった。

 

「代理人の指示以外の判断はあり得ないのか?

「あり得ない」といった問答を何度か繰り返した。

 その繰り返しが頭に昇った血を降ろすのに必要な手順だった。

 そして、私は「仕方がないから、今日は引き揚げるとしよう」

 奥歯を噛み締めそう言って、この面談計画に見切りをつけるに至った。

 

契約解除の通知は早晩、送り着けられることになるだろう。

内容証明付きで来れば、受け取りを拒否するという手もあるが、

きちんと受け取っておけば、センターの許し難い愚行の痕跡が、

またひとつ付け足されることにも繋がる。

まだ出来ることは一体何があるだろうか。

そんなことを考えながらの帰路となった。 

 

母のパーキンソン病の診断を受け、ケアマネージャーから

このリハビリ特化のデイサービスを紹介された。

その最初の訪問から丁度丸一年後の有様だった。

 

    カナカナやふと今際かと未生かと