法テラス法律相談

不当な契約解除を無効に出来るか、という主旨の法律相談。前回とは別の法律事務所に

依頼することにした。事情を一から説明し直すとなると、時間効率も良いとは言えない。

だが、どうしても別の弁護士からも傷害についての意見を聞いてみたかった。

 

平成24年、母がパーキンソン病の疑いありと診断を受け、治療が始まる。その年12月、

右足肉離れで身動きが取れなくなったことを機に、在宅介護が始まるのだが、26年8月、

失職状態は変わらずに続いており、今回の法律相談は<法テラス>を利用することにした。 

 

<法テラス>は経済的な理由で弁護士などへの法律相談が困難な人を対象に国が設けた無料の

法律相談ができる制度で、無料法律相談は市役所の市民相談室へ出向いての相談と弁護士会が

主催する電話相談を既に経験済みだ。

 

この市民相談室と弁護士会の相談に利用回数の制限はないようだが、相談時間には制限があり、

相談者側から希望の弁護士を指名したりはできず、最初の相談で時間切れとなれば、次はまた、

最初から事情を説明し直す必要がある。

 


 

<法テラス>法律相談の時間制限は30分。収入や預貯金の状況に条件もつくが、利用可能な

事務所で申告し、受け付けられれば、同一案件で三度まで使える。前回同様、県の弁護士会の

一覧から問い合わせ、医療事案の取り扱いに確実な経験があると、確認がとれた前回とは別の

事務所に相談の予約を入れた。

 

午前中は母の介助に手を取られるため、外出は専ら午後からとなる。相談日は、カッと太陽が

照りつける正に盛夏といった日和。事務所近くの駐車場に車を置き、歩き出した途端、どっと

汗が噴き出てきた。

 

市の中心部、県庁街のこじんまりとした7階築のオフィスビルのフロアを借り切った事務所は、

前回相談の事務所からも近く、外目こそ似ていたが、事務所内の雰囲気は幾分違った感だった。

 

前回は受け付けを済ませると、仕切り内装やテーブル、椅子と落ち着いた色で統一された部屋に

通され弁護士を待ったが、今回は、廊下の一隅にソファーと小さなテーブルが置いてある簡易の

待合所に通された。待合所には新聞やら広報誌やらが雑然と重ね置かれていて、窮屈な相談室も

切り抜きの記事などが無秩序に貼ってある。

 

事務所のホームページには所属弁護士の生年月日、経歴や活動の記録、仕事に取り組む姿勢など、

色々と載せてある。相談を受け持つ男性弁護士は年齢60位ということだったが、実際に会うと、

絞れた中背の体躯で、載せられていた写真より若い印象だった。

 

ネクタイを外したワイシャツ姿、挨拶の前に一息ついた仕草。緻密なスケジュールを刻みながら、

いかにも精力的に仕事を熟しているといった雰囲気。職を失い、無料の法律相談に駆け込むのに、

あれこれ思案しながら、ここまで来た自分と、この弁護士は全てにおいて対極の場所に居るのだ。

デーブルを挟んだ弁護士と正対し、そんなことを考えながらこの件で4度目となる法律相談が

始まっていった。

 

      くるくるとわれは白紙の星祭