法テラス法律相談

今回の法律相談は前回とは別の法律事務所に依頼することにした。

不当な契約解除を無効に出来るか、ということが相談内容に入り、

事情を一から説明し直すとなると、時間効率も良いと言えないが、

やはり、どうしても別の弁護士からも過失傷害についての意見を聞いてみたかった。

 

平成24年、母がパーキンソン病の疑いありと診断を受け、治療が始まる。

その年の12月、右足肉離れで身動きが取れなくなったことがきっかけで

在宅介護が始まるのだが、26年8月、失職状態は変わらずに続いており、 

今回の法律相談は< 法テラス >を利用することにした。 

 

< 法テラス >は経済的な理由で弁護士などへの法律相談が困難な人のために無料で相談ができる

国が設立した制度で、無料の法律相談は、市役所市民相談室へ出向いての相談と弁護士会主催の

電話相談を既に経験済みだ。市民相談室と弁護士会の相談に利用回数の制限は特にないようだが、

相談者の側から希望の弁護士を指名したりはできず、初回の相談で時間切れとなれば、次はまた

最初から事情を説明し直す必要がある。

 

< 法テラス >での相談時間は一回30分で、収入や資産の状況に条件もつくが、

利用可能な事務所で申告して受け付けられれば、同一案件なら三度まで使える。

前回同様、県の弁護士会のサイトの弁護士リストから問い合わせ、医療事案の

取り扱いに確実な経験があると、確認がとれた事務所に相談の予約を入れた。

 


 

午前中は母の介助に手を取られるため、外出は専ら午後からということになる。

相談に出向いた日は正に盛夏。事務所近くの駐車場から車を降り、歩き出した

途端にどっと汗が噴き出てきた。

 

市の中心部、県庁街にある7階築のこじんまりとしたオフィスビルのフロアを

借り切った事務所は体裁が前回相談の事務所とよく似ていて、距離的にも近い。

だが、事務所内の雰囲気は前回とは幾分違っていた。

 

前回は受け付けを済ませると、仕切りの内装やテーブル、椅子と落ち着いた色で統一された相談室に

通され弁護士を待ったが、今回は先ず、廊下の一隅にソファーと小さなテーブルが置いてある簡易の

待合所に通された。待合所には新聞やら広報誌やらが雑然と重ね置かれていて、少し狭めの相談室も

切り抜きの記事などが無秩序に貼ってあった。

 

事務所ホームページには所属弁護士の生年月日も含め、経歴や活動の記録、仕事に取り組む

姿勢などが色々と載せてある。相談を受け持つ男性弁護士は年齢60程ということだったが、

実際に会ってみると、絞れた中背の体躯で載せられていた写真より若く精力的な印象だった。

 

ネクタイを外したワイシャツ姿、挨拶の前に一息つく仕草。いかにも仕事にのめり込むタイプで、

分単位のスケジュールを刻んでいるといった雰囲気。職を失い、無料の法律相談に駆け込むのに、

あれこれと思案しながら来た自分と、この弁護士は全てにおいて対極の場所に居るのだ。そして、

これから自分はそんな相手に揉め事を吟味され、指示を仰ぐのだ。そんなことを考えていた。

 

      くるくるとわれは白紙の星祭