'15 11 21

 

2015年

11月

21日

センターへの意見・要望

「賠償には応じられない」とする通知書の内容などは、私は母に詳しくは話してこなかった。

「代理人や保険会社がアレコレ細かなことを聞いてきている」そんな風に言葉を濁してきた。

 

昭和2年生まれの母、通知書を送り着けられた時点で満86歳。 

未だに右腿の痛みに苛まれ続け、リハビリの再開は目途は立っていない。 

しかし、最後はセンター長の言葉を信用することで矛を収めようとした。

この状況で、愚弄されるかのような合意の反故をどのように受け取るか。

心中おもんぱかると、どうにも詳細までは話きれずにきてしまった。

 

しかし、きちんと話さなければならない。

医療調査を同意するかどうか、回答するのはあくまで当事者の母自身である。

私は自分がセンター側から直接確認をとったことを順を追って書いていった。

 

・体験日当日、母はセンター長から施される処置が自分の右足にとって、

 負担の強すぎるマッサージと感知して「止めて欲しい」と頼んだこと。

・それに対し、センター長は「右足は強くなってきているがコリがある、

 大丈夫だ」と説明したこと。体験の度にその処置が繰り返されたこと。

・その結果、二日後の本利用日は通所をして運動をしようとしたものの、

 右足が痛み始めていたことが原因で、時間の大半をソファーベッドで

 横になって過ごすことになったこと。

(付き添っていない本利用日については、母の話に添った内容で書いた)

・以上の経緯についてセンター長も同じ認識で、確認がとれていること。

・その結果、センター長は責任について自分の処置にその可能性があると認めたこと。

・その前提で、社長は因果関係明記の診断書の提出を条件に賠償に応じるとしたこと。

 

これらの事実と合意が撤回された前提での医療調査には同意は出来ない。

医師が在駐していないとはいえ介護保険制度の元、リハビリという医療行為の

一端を担う立場として、自らの行動と発言に対しては責任を持ってもらいたい。

 

そのような主旨で「意見・要望書」としてまとめ、通知書受理以降の経緯を万事、

母に説明し「これを内容証明の形でセンターに送ろうと思うのだが」と提案した。

「それでいい、私名義で送っておいて」母は噛みしめるようにそう言って、了承してくれた。

 

そして、それから二週間程経って予想していた通り、賠償拒否を

伝える回答書がセンター代理人から送付されてくる運びとなった。

 

      春炬燵精彩を欠く猫パンチ

 


1 コメント