'15 9 21

 

2015年

9月

21日

医療過誤法律相談

県の弁護士会のHP取扱分野「医療事故・患者側」の一覧から

順番に事務所を問い合わせゆき、弁護士選びに取り掛かかった。

そして、県内でも医療事案の取扱が最も豊富な筈だという事務所に

2週間程の待ちで、相談日は3月に入ってからの予約となった。

料金は初回1時間5000円、2回目以降は30分5000円。

 

センター側のこれまでの発言は重要であるが、それを覆してきているので、

それ以外の“材料”としてはカルテの写し・診療明細。

本利用日にセンター側スタッフが書き残した連絡帳。

そして、代理人が送付した通知書そのものである。

 

この連絡帳と通知書の内容を整理すると、

二日後も「格段変わった様子がなかった」とする通知書における発言には矛盾が出る。

その時点で既に状態悪化の兆候は出始めていたと観るのが然るべき解釈となり、

そこから状態の回復がない前提で、責任の可能性を認めていた以前までの発言こそが

施設責任者としての当然の見識であった。以上の主張を成立させてもらいたい。 

 

その相談の結果…。

このデイサービスセンターが不誠実な施設であり、センター長は理学療法士としての見識が低く

自分の言葉に責任を持たない人間で、提供されたサービスが粗悪であった。そう証明することと、

そのセンター長の措置によって、母の右大腿部の状態が悪化したと証明するのは別の作業になる。

 

提示する診療記録の範囲では責任は認められない、として賠償を拒否された場合、

裁判に持ち込むのか、となれば費用回収のことも含めて態度を決める必要があり、

損害賠償を勝ち取るには訴える側に施設側の落ち度によって状態が悪化したとの

医学的見地に基づく立証責任が求められる。

 

“医学的見地に基づく立証責任”とは医師の残した診療記録での医師による証明ということである。

つまり、“痛み”とあっても右大腿部との関連性も不明な連絡帳のメモ書き程度のものは、

医学的な立証の“材料“足り得ない。最終的には当事者の証言に頼らなければならない部分があって、

内容証明でそれを否定してきている以上、結局は裁判所に責任を認めさせるまでには至らない。

 

 弁護士は理路整然と淡々と分析を述べてゆく。

 そして「裁判はやってみなければ分からないが」と前置きした上で、

「通常の民事裁判の勝訴率は7割程あるが、医療事案となると2~3割に勝訴率が落ちる」

「ハードルが高く立証が難しいのです」と。

 

武装した装甲車に竹槍で風穴を開けようとしてジタバタしている、そんな状況なのだろうと。

五十路を超えて、それなりに世間も人の二面性も見てきて自分でも解っていた。

だが「理不尽」という感情が自分をジタバタさせている、そう思っていました。

 

    貨車見たし枯野にたぎるもの見たし

 


0 コメント