'15 6 11

 

2015年

6月

11日

本社、電話会談

 音沙汰無しのまま、仕事納め12月27日午後。

「どういうつもりか」仔細確認の電話を入れる。

「まだ連絡が入っていないのですか?」(センター長)

「『年内に』と約束した段取りもそのままに、正月休みに入るつもりだったのか?」(私)

「連絡を入れると聞かされていた、確認と連絡はこれからしようと思っていました」(センター長)

「いい加減にも程がある」10日前の会談では抑えていた言葉もそのまま言う。

「いつ誰に報告して何と返事されたのか、仕事が終われば経緯を説明に来てもらいたい」(私)

「7時までには必ず」(センター長)

 

時間にセンター長が来ることはなく、その代りに初めて本社長から携帯に連絡が入った。

通話は録音。

この記事書くのにも聞き直してはみたけれど、ばかばかしさは増すばかり。

 

「連絡をするようにとのセンター長からの要請で、電話を掛けさせて頂いております」(社長)

「苦情担当のセンター長に最初に要請をしたのは10月、なぜ今日まで連絡がなかったのか?

 センター長の説明はその都度本『連絡を入れる』と本社から返答された、というものだが」(私)

「悪意は全くない、私達のケアのありようは全てセンター長が礼節をもって説明した筈だ」(社長)

「年内には会談の手筈を整えるとの約束なのだけど」(私)

「その(話の)目的は何なのか?目的がわからない」(社長)

「なぜ会談を要請しているか、改めて聞かないと分からない把握できていないということか?」(私)

「報告は全て受けている、とにかくセンター長がきっちりと説明をしているということである」(社長)

「そもそもなぜ私が会談要請をしているのかを理解できているのか、それ自体がまだなのか?」(私)

「悪意は全くない」(社長)

 

 人を食ったような問答を繰り返すばかりの社長、電話は副社長に引き継がれることに。

 

「この状況は契約書の『迅速かつ適切な苦情対応・誠意をもった協議』に反することになる」(私)

「センター長からは『全て説明して対応は完了した』と報告を受けている、落ち度はない筈、

 それでも話がしたければ本部まで電話してきてもらうようにと伝えた、契約違反などない」(副社長)

「センター長からその報告を受けたというのはいつの時点のことか?」(私)

「最初の電話の時だ」(副社長)

「これまでのセンター長からの説明と全く違う、ケアマネージャーに確認してもらえる、

 その経緯も含めて検証し直すため、センター長も交え会談の座を設定してもらいたい」(私)

「私達はセンター長を全面的に信用している、その必要があるかどうか検証し返事する」(副社長)

 

「お前など、相手にはしていられない」とばかりに切り返してくる副社長。

『この二人はこれで押し切っていけると考えている』そんな印象であった。 

 しかし、ここまであからさまとは…。


この年はこんな締めくくり方で新年を迎えなければならなくなってしまった。

決着のために年内には一定の道筋をつける、それとは全く程遠い状況でした。

 

    短砲のようポケットのカレンダー  

 


0 コメント