'15 4 21

 

2015年

4月

21日

社会福祉協議会へ

今後の展開も読めず、こじれていくかもしれない厄介な交渉の立ち会いや仲介など

無償で活動する民生委員の仕事としては、それこそ範疇外としか思えない。

しかし、ベテランのTさんならば何か参考になる経験談でも聞けるかもしれないと、

相談してみると…。

 

「民生委員地区会長に相談してみる、後日電話する」と返事をされて、

「社会福祉協議会に民生委員児童委員協議会連合会という組織があり、

 民生委員の役員がいる、そこに相談に行きましょう」ということに。

 Tさん、地区会長、私の3人が市の社会福祉協議会まで足を運ぶことになった。

 

 要するに、このような役目は自分の手に余ると思ったTさんは地区会長に話を上げる。

 また、その地区会長が同様に市の連合会まで話を持っていった。ということのようで、

『やはりこんな話、迷惑でしかなかったか』と恐縮するばかりである。

 しかし、民生委員殿各位そのような素振りは微塵も見せず、丁寧に話を聞いてくれて

「最近は次々と色んな形態の通所介護所が出来ている、実情を知っておかないと」と、

 さながら勉強会のような座になっていった。

 

制度自体がまとまっていないところがあるのか、

例えば、介護認定は市の職員やケアマネージャーが市役所介護保険課へ、

介護おむつの支給申請は同じ市役所でも民生委員が健康長寿課へ、など。

介護サービス利用での事後対応も、最後まで責任をもってサポートする

事業所があるかと思えば、民生委員に戻してしまう所もあったりとか…。

 

支援事業所が「仕事の範囲ではない」と言い切る以上、制度上規定がないのかもしれない。

ただ、このケースは専門知識が備わっているとは限らない民生委員には、やはり荷が勝つ。

「代表が弁護士のここならば法律的な知識も聞ける筈だから」と、成年後見人申し立ての

相談などを主な活動内容としている地元のNPOを紹介されるという展開となった。

 

『これは自分達にも無理、という民生委員に対応を丸投げする支援事業所の判断と了見こそが、

 やはり、おかしいのではないのか』私はそこのところがどうしても納得できないままでした。

 

     先生に相談をする一周忌

 


0 コメント