'15 10 1

 

2015年

10月

01日

診断書提出

法律相談での診断書についての説明は「医者というもの、滅多なことで診断書に症状の

因果関係などは書かない、規模の大きな病院になるほど書かない」ということであった。

 

また、交通事故での事案なども話題に出て…。

人身事故としてきちんと処理され、救急車で搬送され事故直後の医師の診察記録が残されていても

日にちをおいて現れるむち打ち症などは、示談交渉となると保険会社が「因果関係不明」とゴネて、

保険金を出し渋り、揉めることがある。特に高齢者は「加齢のせい」とされ、厄介な立証を迫られる。

 

交通事故ではない私達の交渉相手は保険会社ではなく、センターそのものであるが、

リハビリセンターといってもデイサービスは正規の医療機関ではないので、

センターの残した記録がよほど確かなものでない限り裁判所に認めさせる

立証材料としては採用されず、誠意がない施設との交渉は全く無残なことにしかならない。

 

当初、社長が出した賠償のための条件は「センター長の処置が原因」と

明記された診断書を提出することであったが、そうなってくると患者は、

その要望に応じてくれる医者を探すことから始めなければならなくなる。

 

「この病院は診断書に因果関係も書いてくれますか」と聞いて通院先を探して回れというのか。

まして、再三の検証会談の要請も無視し、利用日から何か月も経ってからの挙句のことである。

そして、今となって代理人を立ててきて肝心の確認事項を否定した上で責任の有無については

第三者の医学的検証をもって判断すると、更にハードルを上げてきている。

 

この社長、公開されているプロフィールを見ると通所介護事業の展開だけでなく、

医療関連団体の教育顧問や理事なども歴任し、講演活動も行ったりするいわゆる

医療人ということになるらしいが、そうであるならば私が法律相談で教えられた

医療事情なども熟知した上での諸々の対応であったということになるのか。

 

通院については整形医院を2か所掛け持ちしていて、

最初に受診した医者は「現場も見ていない自分が因果関係など言えない」と、

診断書も「右大腿部痛」と症状を伝える範囲のものでしかない。

 

筋膜損傷の診断でマイクロ波治療を勧められて、年明けから通い始めた

整形医院からも依頼してあった診断書が法律相談後、書きあがってきた。

こちらの方は以外な程あっさりと因果関係の記載に応じてもらえて、

問診時の母の説明内容が律儀すぎる位にもうそのまま書かれてある。

「強い力でマッサージを受けたため筋膜が避けた」

 

2通の診断書を並べて見て、医者によってこうも違いが出るものかと…。

代理人が出てきて話を変えられてなければ条件が整ったことになるが…。

 

私はふたつの整形医院の診療明細を通院記録として、診断書は

因果関係記載入りのものを代理人法律事務所充に提出しました。

 

      春雨や貨車の一つに人の顔

 


0 コメント