'16 2 11

 

2016年

2月

11日

雲隠れセンター長

要介護者ばかりが集まる午後の枠があるとセンター長に薦められた火曜日と木曜日。

6月に入り二週目のその火曜日、午前のサービスが終わる頃を見計らって料金精算の電話を掛けた。

すると、応対に出たスタッフが「この4月でセンター長は交代しています」などと言うではないか。

 

ここが開設したのが前年の6月ということだったので、

一年経たず責任者を代えてきたことになる。唖然とするばかりだったが、

この日は前センター長も午後からの出勤の予定があるということらしい。

要介護者ばかりが集まっている枠には顔を出しに来るということなのか、

「伝えたい要件があるので、今の責任者に替ってもらいたい」と言うと、

「承ります」と午前の送迎から戻ったところの新任センター長が電話口に出てきた。 

 


 

新センター長はその年の4月からこのデイサービスのスタッフに加わり、

前センター長は本社勤務になり、外回り中心で行動しているということ。

 

「昨年からの料金の未払いがある、その時担当だったセンター長に母が直接支払いたいと希望している」

そのように伝えると「本日午後から本人が出勤してくるので、その旨を伝え折り返し連絡を入れさせる」

新センター長はそう言ったが、本当に連絡が入るかどうかは怪しいものだと思っていた。

頭の中に色々と思案が巡った。 思案をしながら夕刻まで待ったが、やはり連絡は来ない。

   

母に対して、私に対して、社長同席の座で、また代理人を経由して残してきた

発言の移ろいを、前センター長は責任者の立場として認識していない筈がない。

もし、突発的なアクシデントで急きょ欠勤という事態なら「連絡を入れさせる」

そう言って私の連絡先も聞いた新センター長は、その経緯を報告してくる筈だ。

誰も何も言ってこないということは、名目如何に関わらず面会するつもりは一切ない。

その意志の現れと考える他なかった。 

 

施設責任者として地域の人達に対し、体裁や建前が必要な立場ならまだしも、

今となってはその限りではない。今更誠意に訴えること自体が虚しい状況だ。

しかし、料金精算を口実に対面を要求するという手段を使ってしまった以上、

連絡がないなら、こちらから出向いてでも計画はやり切るべきではないのか。

今後は先方も警戒してくる筈。前センター長と直接対面できる機会は今日が

最後なのかもしれないそういう考えも一方ではあった。

  

結局その日、私は自分からセンターに足を運ぶことはしなかった。

「出勤している筈」と乗り込んでいっても、逃げの一手を打たれ

居留守でも使われれば、ただ迷走して終わることになり兼ねない。

力ずくではなく、必然をもって座に就かせる状況を作らなければ、

意味のある結果には繋がらない、最終的にはそういう思いだった。

 

今までの例で見れば、このまま放っておけば連絡もないままに終わる。

しばらく様子を観て、新センター長に精算の段取りを整え直す電話を

掛け直そうと考えていた。

 

     一存で猫の出てゆく四月尽

 


0 コメント