面会決行

予定通り面会に出向く方針に何の躊躇もない。待ち合わせ、合流した民生委員Tさんには

「今日は横で話を聞いていてもらえばよいです」とだけ伝え、一緒にセンターに向かった。

 

現地集合のケアマネージャーに「Tさんと先に行っているから」と電話で断りを入れると、

「センターから来ないでくれと連絡が入った、自分はこれ以上関われない」と返してきた。

「Tさんが来てくれてるのは、あなたの提案あってのこと、顔を出すのが筋ではないのか」

そう諭すも「事業所の意向に逆らってまでは出来ない」と結局、このケアマネージャーも

事の顛末を見届けることはなく、土壇場で面子から外れることになった。

 

居宅介護支援と通所介護、同じ介護事業者同士の繋がりの方が利用者との信頼よりも

重要ということか。最初に話し合いの立ち会いを依頼した折の冷やかさが思い返され、

わだかまりは深まるばかりだ。

 


 

私自身は自分の行動に間違いはないと、腹はくくれているが、センター側の対応次第では、

多少の悶着は覚悟しておかなければならない。Tさんには申し訳のない思い一杯であるが、

当の本人は、さほど気にしていない様子で「それでは行きましょう」と受け流してくれた。

 

センターの間口に立ってスタッフを呼ぶと、新センター長が直ぐに応対に出てきた。

想像通り、その風貌は前センター長と同様、30歳に届くかどうかといった若者だ。

 

「契約を切る。面談も行わないようにと代理人から指示を受けている、お引き取り頂きたい」

(新センター長)

「契約解除の手続きなどは何も完了していない、現時点ではまだ契約状態にあることは明白、

 施設責任者として、取り交わした約束には自分の判断で誠実な対応にあたるべきだ」(私)

「自分は雇用されている立場、雇用主の代理人である弁護士から指示されれば従うしかない」

(新センター長)

「とりあえず、名刺ぐらい頂けないものか」(私)

「何も渡すな、何も受け取るなと言われている、何か置いて行かれたとしても自分は観ない。

 それをそのまま、代理人に手渡すだけだ」(新センター長)

 

バリケードを張る警官のように足を肩の幅に広げ、両手を腰の後ろに組み、姿勢を崩さず、

私達の前に立ちはだかる新センター長、一歩たりとも入場させることすら許さない構えだ。

夕刻とはいえ、もう真夏、首筋には流れる汗がまとわりついていた。

 

      藁帽子飛んでわらわら訣れける